住めば都 −たかまつ−

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊島

<<   作成日時 : 2010/06/16 22:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

男木島でのこえび隊としてのボランティア(コエビタイコエビタイの2)の後日、さらに他の作家さんの男木島でのこえび隊活動に参加。
そこでは、なんと遠い親戚にあたるであろう人のお宅の庭の草木を伐採する作業に。
なんか、“よばれた”感があったり。


その後日、他の島もみてみたいと、今度はふうふで「豊島(teshima)」のこえび隊に参加。
画像














しぶきのおかげで、作業前にしっとりとした髪ができあがり・・・

豊島は小豆島の西に位置する島で、過去に産業廃棄物の問題があったところ。
フェリーの乗り場に、産廃で埋められた土地の断面とが並べて掲示されている。
そして、この産廃は今なお直島で処理されている・・・
わたしにとって、こえび隊としての活動は、単なるアート製作の補助ではなく、香川という自分が住む県の過去のことを見たり、この県の将来について考えるいいきっかけとなっている気がする。日本で一番小さい県でこれから過ごしていくにあったって、単なる「田舎」ではなく「香川」にちゃんと目を向けていきたい。
画像















さてさて、本日の作業は豊島の「唐櫃(からと)」という地区にて。
豊島には「家浦」「唐櫃」「甲生」という3つの地区が主にあるそうで、その地区によって石の積み方が違うとのこと。
唐櫃はギザギザ。家浦は平積み。甲生は・・・わすれた
画像















これまでよりも体力を要求されそうな・・・左官作業。
画像




















の下準備。土(砂?)と藁と水とを足でこねるのだが、まぁ粘度の高いこと。足が抜けにくく、長靴もぐったりになるほど。
画像















他にも、南天の木をのこぎりで切ってみたり、空き家の掃除をしてみたりと。
疲れたけど、なんか爽快感のある1日(・・・2日後に、背筋全般がやられ、ほぼ直立で一日を過ごすことになったとしてもだ)。
そして穏やかな時間とともに作業の終わり。会期中が楽しみだ。
画像
















こえび隊では無料で宿泊できる寮があって、県外の方や県内で高松に遠い方などが宿泊し、翌朝からの作業に参加しやすくなってるようです。何の技術もないわたしですが、行けばなんとかなっている(と思います)。ので、興味があれば、是非とびこんでみてください。と、勝手にアピール。

ところで、ただいま休職中の私。一番苦しめられているのは、住民税と年金の支払い。国からの徴収がエンゲル係数を越える・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
生まれ育った香川について学ぶ姿ステキです

住民税…国民年金…大変だよね。。。
ホンマ、生きていくだけでお金がかかるわーーーと実感する今日この頃…
ちばこ
2010/06/17 22:41
いやぁー、ヒマすぎて・・・

一人暮らしだったら、ほんまにきつい課金です
lego.naobe
2010/06/20 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀬戸内国際芸術祭
豊島 住めば都 −たかまつ−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる