住めば都 −たかまつ−

アクセスカウンタ

zoom RSS このごろの視点

<<   作成日時 : 2014/01/11 23:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここ一年くらい、木や植物に視点が向いています。

ある初夏の日、窓の外に見える大木をなんとなく眺めていたときに、一つの枝には葉っぱが何枚くらいついているのだろう・・・という疑問がわいたのがきっかけだったと思います。
知っているようで、ほとんどなにも知らない。
枝分かれは、常に2つに分かれることなのか(人間の指が5本に分かれるような自然の摂理があるのか)?
古い枝から伸びる、若々しい枝。
葉っぱの形。その花や実の自然の色の美しさ。なんなんだ。
こんなに大切なことを見落としていたのか、と。

季節が巡るのがまたひとつ楽しくなっています。

画像















↑クロガネモチ?木につけられた札だけが今のところ頼りです・・・
画像















木をかこう (至光社国際版絵本)
至光社
ブルーノ・ムナーリ


Amazonアソシエイト by 木をかこう (至光社国際版絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀬戸内国際芸術祭
このごろの視点 住めば都 −たかまつ−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる